英語力が変わったと感じたセブ留学10日目

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セブ留学体験 現役大学生に聞く!【英語上達法】

留学して何を得て、何が変わった?セブのセミスパルタが特徴の学校に3週間の短期留学をした学生さんにインタビューしました。

 

【3週間の短期留学】10日間で英語力が変わったと実感したセブの英語授業

留学国:セブ島

留学時期:2017年8月上旬(3週間)

学校:CIA

お名前:香川志帆さん 大学3年生

香川さん 2017年8月アンジェラス留学日本橋オフィスにて

 

―――まずはお帰りなさい!お時間有難うございます。

はい、無事に先日帰国しました。すごく楽しくてセブ留学でとてもよい経験をたくさんできました。

 

―――それは本当によかったです!セブ留学の短期3週間でしたがきっとすごく密度が濃い留学生活を過ごされたんですよね。

はい、おかげさまで本当に満喫した時間を過ごしました。

 

―――ー香川さんが留学されたのはセブ島で特にセミスパルタで有名な規律ある英語学校でしたが、いかがでしたか。

セミスパルタ校ということで、授業はしっかりしたスケジュールで決められた中規則正しく生活していました。時間的には朝から夜まで英語ずけで生活をしていました。

朝8時から授業が始まるんですけど、7時50分までにテストを受けなければならないんです。7時20分から50分まで自習室でテストがあります。朝ごはんは6時40分から8時までに食べればいいのですが、みんな毎朝単語テストが控えてあるので、英語の単語を見ながら朝食をとるという感じで過ごしていました。

 

―――セミスパルタの学校ということで毎日単語テストがあったんですね。具体的に、そのテストはどのような内容でしたか?

私が履修していたELSコースは基本的に単語のテストです。TOEFLコースを履修している方は、英語の単語テストに加えてプラスアルファーのテストがあるようです。毎朝の単語テストは学校で定めた合格の基準があり、日ごとと、週ごとと2つありました。ELSコースでは単語テストが毎日10問出て、6割以上正解できなければその日は外出禁止です。さらに週ごとの規制もあり、週の合計で6割以上正解できていなければその週末も外出禁止になります。

 

――――毎日単語10問って大きいですね。。しかも4割間違えるとその日どころか週末も外出禁止になる恐れがあるなら必死になりますね笑 香川さんは単語テストは無事クリアできましたか?

はい、私は無事大丈夫でした!

 

――――さすがですね!

やっぱりテストの規定が厳しいので、単語テストに関しては合格する人がほとんどだったとは思いますが、時々TOEICコースの方は合格できず夜や週末に外出できない人もいました。

 

――――今回留学自体が初めてでしたよね!英語はどれくらいで聞けるようになりましたか?

到着してから1週間過ぎ、大体10日から2週間位で少しですが英語ができるようになったことを実感しました。

 

――――ー最初全然英語ができないとお話されていたのに10日で英語が出来ると感じられたなんてすばらしいですね!まずは英語のリスニング上達を一番に感じられましたか?

そうですね。まず英語が話せるようになったというよりも、まずは英語が聞けるという感覚を味わいました。

フィリピンの先生は欧米のネイティブとは違って英語をゆっくり、しかもアジア人にとって聞き取りやすく話してくれるので、比較的馴染みやすく聞きやすく感じました。

 

――――フィリピン、セブの先生はどうでしたか?

CIAの先生は本当に良い先生ばかりでした。年齢も大体同じ位で25歳くらいまでの先生も多かったと思います。

 

――――先生は自分で選ぶこともできるんですか。

はい、最初は割り振りで先生が決まるののですが、選べます!金曜日の夜に集まってくじ引きで引いて順番に自分に合った先生を選択することができます。個人のレッスンもグループのレッスンも、自分で選んで先生が変えられるので安心できました。

 

――――個人授業でよかったところはどこですか

私の場合は目的がまず英会話、スピーキングの上達でした。そのためワンツーマンの授業をたくさん履修しました。ワンツーマンは授業スタイルがとても自由だったんですが、工夫した点としてまず最初の授業の時に、テキストを使って授業をするのではなく、しゃべる時間をなるべく作ってほしいと先生にお願いしたんです。

 

――――英語のスピーキングを強化したいと自分で宣言されたんですね!すごく重要なことですよね。具体的にどのようなことが個人授業で行われましたか。

個人授業では、昨日行った出来事だけでなく、何かの議題について「賛成」か「反対」かについて話しました。例えば「子供がいない家庭は賛成か反対か」といようなテーマです。実際単純に返答することもできるんですが、セブの先生は理論立ててしゃべることを教えてくれました。私自身ももっとたくさんしゃべらないとと、自分なりに精一杯足掻いていた気がします。

 

――――話すことで英語の単語もできますよね。

そうですね、私自身この3週間セブでの個人授業を通して、英語スピーキングが一番できたかなと思います。

 

――――3週間で英語が話せるってやっぱりすごいですよね!確かに実際セブ留学から帰国した学生さんはみなさん「英語しゃべれます!」とおっしゃる方が多いです。やっぱりセブ留学は英語のスピーキングに特化して勉強できる環境が整っているんですね。

英会話といえば、台湾人で仲がいい子がたくさんできました。学校の授業後に、一緒にご飯に行ったり、10人くらいの仲間で一緒にレストランに行ったりと仲良くなりました。

 

――――友達は簡単に作ることができましたか。

はい、みんなで食事に行く機会も多く、また授業後に夜、部屋の前で話していると他の友達とも仲良くなってすぐに友達の輪を広げることが出来ました。週末はみんなで海のツアーに団体割引で申し込みをして遊びに行ったりもしました。

 

――――英語の勉強だけでなく、アクティビティやツアーもあるんですね。

はい、学校のツアーもあるし、誰かが企画することもありました。私は3回ほど海に行きました!マクタン島のプールとホテルがあるビ―チでまったりしたり、片道3時間の距離で日帰りでジンベイザメと一緒に泳げるツアーにも参加しました。

 

――――英語の勉強も、セブ島ならではの遊びしっかり充実して満喫されたようで安心しました!

 

 

セブ留学体験談インタビュー記事の続きはこちら

インタビュー記事②英語に自信がなかったからセブ留学を選びました

インタビュー記事③将来なりたい自分に近づいた3週間の短期留学

 

セブ島留学、英語力上達留学にご興味を持ったあなたへ

創業28年の日本橋神田のアンジェラス留学は海外大学進学・成功する海外留学を目指すあなたを精一杯応援します!
留学のご相談は無料で随時ご予約を受付しております。留学相談をご希望の方は、お問合せページからアンジェラス留学までお気軽にお申込みください。

03-5542-1945

info@angelus.co.jp

お問合せページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*