留学成功と失敗。ナマケモノのための留学成功術

  • 0

留学成功と失敗。ナマケモノのための留学成功術

留学して損した人 得した人<第二章③>

前章はこちらをチェック!

留学すれば英語が喋れるようになるか(第二章①)

留学目的と留学する国決定まで(第二章②)

 

留学成功と失敗。ナマケモノのための留学成功術

ついにイギリス留学へ出発

日本で英語を勉強しつつも。。

一九七八年三月三日に成田空港から、約五十キロもの荷物を身にまとい、イギリスへ向けて出発した。マンチェスターでは実際苦労した。英文なんて大したことないと舐めていたため手痛い目にあった。日本で英語を勉強してきたとはいえ、thesis(論文)の意味が分からずに指導教授に What is a thesis? と尋ねたり、Lavoratory (実験室)とLavatory(トイレ)を間違え失笑を買った。また博士論文の口頭試問で解答がわからないので、英語の質問がわからないふりをしたら、今度は丁寧に英語の意味を説明され、徹底的に追い詰められた。苦心惨憺しながらもどうにか卒業した後、ニュージーランドのカンタベリー大学の工学部に職が決まった。家人は言った。「良かったね。これから生活は安定するのね。」と。私は言った。「いや、これからも背水の陣は敷くよ。」と。

 

ナマケモノのための留学成功術まとめ

私の話は一つの例である。私は留学するに当たって幾つものことを自分で判断し実行した。人間は本来ナマケモノである。それはまた私も同じである。だからこそ大事なことは、いかに積極的な姿勢で物事に取り組むかである。

留学の目的を明らかにすること~必死の軍で臨む~

まず私は自分が本当に必要としているもの、また留学の目的を明確にした。エンジニアリングの知識はあるが、語学力が乏しい。すぐにできることから始めた。テープを聞いた。通信添削を続けた。それでもまだ自分の語学力は乏しかった。もっとスキルアップしたいと思った。私の留学の目的は更なる語学力の習得である。この目的を果たすため、大学院に留学することを選んだ。雑誌や新聞などメディアから情報を集めて留学するべき国を決めた。費用を工面し、手続き書類を作成した。自分の決断に賭けて、会社を辞めた。私は背水の陣で臨んだ。その結果、成功した。私はナマケモノ道の有段者ではあるが、「背水の陣」を敷いたため失敗をしないですんだ。全ての決断を自分で行い、その決断に全責任を負ったからである。(必死の軍である。)

 

さて、あなたはどうであろうか。まだ「外国に行きさえすれば語学力は自然に身につく」などと思っているのならば、今すぐ留学する計画を中止にした方がよい。その考え方を改めてからでも遅くないはずだ。最初にも言った通り、語学留学から始めて無事大学を卒業できる人、成功する人の割合は究めて低い。あなたに相当の決意がなければ成功はおぼつかない。

 

私たちアンジェラス留学の願い

私はあなたに勝ち残り組として世界に羽ばたいていって欲しいと思っている。そのためには決して安易な決断はして欲しくないのだ。

 

 

前章はこちらをチェック!

海外のリスク<留学に成功する人と失敗する人>(第一章)

留学すれば英語が喋れるようになるか(第二章①)

留学目的と留学する国決定まで(第二章②)

 

【留学して得した人 留学して損した人】留学体験冊子は無料プレゼント中です!

留学小冊子お申し込みはこちら!

 

アンジェラス留学の留学相談は神田日本橋オフィスにて無料で開催しています!

カウンセリング予約はこちらから!

 

詳細はアンジェラス留学までお気軽にお問合せください。

03-5542-1945

info@angelus.co.jp

http://www.angelus.co.jp/


  • 0

留学目的と留学する国の決定まで~怠け者のための留学成功術~

ナマケモノのための留学成功術(第二章②)

とにかく、語学力をつけたい、自分を高めたいとの一心で留学することを決意した。まさに私の人生の一大転機であったが。。

 

前章はこちらをチェック!

留学すれば英囲がしゃべれるようになるか(第二章①)

【留学して得した人 留学して損した人】留学体験冊子は無料プレゼント中です!

留学小冊子お申し込みはこちら!

 

留学の目的は何か。

いざ留学といっても、いろいろな種類がある。あれこれ考えた挙げく、大学留学か大学院留学のどちらかにすることに決めた。だがどちらにするかなかなか決められない。そこで、私は、一旦頭の中を整理して、留学の目的を明確にした。私の留学目的は語学の習得である。エンジニアリングの知識は既にある。ならば滞在年数の短い大学院に留学したほうがよいだろう。

どこの国に留学するか。

次に考えたことはどこの国に留学するかである。まず、アメリカ、イギリス、オーストラリアが浮かんだ。その他の国は考えなかった。最終的にはイギリスを選んだ。アメリカは学生の頃一度旅行していてなんとなく知っていたということと、医療費がとても高くて、もし怪我や病気になると困ると考えたので候補から外した。その点、イギリスは当初は留学生にも無料で医療を行うと聞いていたので、イギリスに留学することに決めた。オーストラリアも考えたが、当時はこの国は留学についてあまりオープンでなく、色々な書類や手続きを必要としたので諦めた。

 

イギリスの大学院に留学すると決めたものの

3つの悲惨な状況へ。

イギリスの大学院に留学すると言えば、聞こえはいいが、実情は「金がない」「能力がない」「会社を退職しなければならない」というないない尽くしの悲惨な状況であった。非常にハイリスクだったが、自分で決心したことを信じ藁をも掴む思いで行動したことが、よい結果に繋がったようである。

 

「金がない」

当時抱えた悩みの一つは「金がない」という事である。会社に務めて約四年、少しの貯えはあった。その貯えは結婚式の費用に使われるはずだった。その頃私には既に婚約者がいた。今は家人となっている婚約者をはじめ周りの人に迷惑をかけて、結婚式(当時でも三百万円くらいかかると思われた)をせず、貯えを留学費用にまわすことにした。おかげで家人には今でも結婚式をあげなかったことをぼやかれるが、実際には約五万円の費用でマンチェスター市の式場でささやかな式をあげているのだ。

 

「能力がない」

これについては今更どうしようもない。一般にイギリスでは大学院入学に関し、レフリーと呼ばれる推薦人二人を提示しなければならない。通常は大学の先生である。私の大学時代の恩師はスタンフォード大学で博士号を取り、その後ペンシルバニア大学やその他各地で大学教授として働かれていたので英語力は抜群の方であるが、英語の勉強に、レファレンスレターを自分で書くようにと言われた。大喜びで私がいかに優秀でかつ語学力があるという内容の英文レターを自分で作り、サインをしていただいた。別の教授にも同じような内容の手紙を作り、それも無事にサインを頂き、マンチェスター大学に送った。その結果、なんとか入学が認められたのである。

 

「退職をしなければならない」

これが一番問題であった。嫌いな会社ではなかった。嫌いな仕事ではなかった。ただ、ステップアップをしたかっただけだった。気持ちとは裏腹に、留学をするためにはこの会社をやめるしかない。このまま仕事を続けても、それはそれで別に良かった。自分のスキルレベルを上げたいだけなのだ。だが、まず会社を辞めなければ留学してステップアップすることは出来ない。留学に失敗して戻ってきたら職にあぶれるだけ。逆にスキルアップしたからといって、今より待遇のよい会社、やりたい仕事につけるとも限らない。さんざん迷ったが、私はついに決断した。そして、先に書いたやかましいが憎めない上司に退職を告げた。「僕は一応は誰にでも退職することを止めるが、君だけは別だ。」と彼は言った。別に慰留されなかった。良かったのか悪かったのか分からないがこの憎めない上司とは家が近いせいか今でも一緒に飲み歩いている。

 

留学を成功させなければならない覚悟と共に。

こうして留学を開始する前のすべての問題は解決した。だがこれからの問題が残っていた。卒業しなければならない。しかも「職なし」、「金なし」、「扶養者つき」の身で。失敗することは一生うだつが上がらないことを意味する。成功するしかない。今まで留学の準備に追われて気がつかなかったが、これは文字どおり「背水の陣」ではないか。必死の軍は強い。古来名将はこの境地に身をおくためにあらゆる策を講じてきた。大河を背にして陣を敷き、今まで乗ってきた軍船を焼き、これまで飯を炊いてきた釜を壊して戦いに臨んだのである。

 

いざ、イギリス大学院留学へ出発!

一九七八年三月三日に成田空港から、約五十キロもの荷物を身にまとい、イギリスへ向けて出発した。マンチェスターでは実際苦労した。英文なんて大したことないと舐めていたため手痛い目にあった。日本で英語を勉強してきたとはいえ、thesis(論文)の意味が分からずに指導教授に What is a thesis? と尋ねたり、Lavoratory (実験室)とLavatory(トイレ)を間違え失笑を買った。また博士論文の口頭試問で解答がわからないので、英語の質問がわからないふりをしたら、今度は丁寧に英語の意味を説明され、徹底的に追い詰められた。苦心惨憺しながらもどうにか卒業した後、ニュージーランドのカンタベリー大学の工学部に職が決まった。家人は言った。「良かったね。これから生活は安定するのね。」と。私は言った。「いや、これからも背水の陣は敷くよ。」と。

 

留学すれば英囲がしゃべれるようになるか(第二章①)

留学成功と失敗。ナマケモノの留学成功術まとめ(第二章③)

留学のリスク<留学に成功する人と失敗する人>(第二章③)

 

【留学して得した人 留学して損した人】留学体験冊子は無料プレゼント中です!

留学小冊子お申し込みはこちら!

アンジェラス留学の留学相談は無料です!

カウンセリング予約はこちらから!

 

詳細はアンジェラス留学までお気軽にお問合せください。

03-5542-1945

info@angelus.co.jp

http://www.angelus.co.jp/

 


  • 0

留学すれば英語がしゃべれるようになるか?~ナマケモノの留学成功術~

【ナマケモノのための留学成功術】

留学して損した人 得した人<第二章①>

アンジェラス留学創業者の苦労話と実体験から生まれた留学コラム。留学行きをお考えのあなたにお役立ちする実体験に基づいた生情報をお伝えします。

【留学して得した人 留学して損した人】留学体験冊子は無料プレゼント中です!

留学小冊子お申し込みはこちら!

 

海外留学をすれば 英語を覚え国際人になれるのか?

今まであなたは、外国に行きさえすれば自然と言葉を覚え、国際人になると思ってきたかもしれない。ところが、それは間違いである。留学すればすぐ気づくはずだ。実例をあげると、語学留学から始めて無事に大学を卒業できる成功率は究めて低いと言われている。ワーキングホリデーを例にとると結果はもっと悲惨である。なんとワーホリメーカーの十人中一人ぐらいしかまともに会話ができない。まったく外国語が話せない人から見れば、彼等もそれなりには話せる様に思えるかもしれないが、実際には役に立たない語学力しか身に付けていないのである。

 

国際人として外国人と対等な語学力を身につけるにはどうしたらいいか?

その程度の語学力しかない日本人と外国人二人が三人で会話をしたとしたら、間違い無く日本人は弾き出されてしまうだろう。なぜならその日本人の話し方は二十ワードで表現しなければならないことを、わずか三〜五ワードで表現しているからである。確かに必要最低限のワード数さえあれば生活には困らないだろう。一応最低限に自分の意思を相手に伝えることができる。しかし、そのような表現力では話していて面白味に欠ける。また正確さに欠ける。実際、あなたが友人達と会話をする場合であっても話題が豊富な人、表現力が豊かな人に引き付けられる筈だ。また、そのような表現の仕方では細かいニュアンスが伝わりにくく、聞き手の方が意識的に理解する努力をせねばならない。結論として、相手がイライラしたり、あくびをしたり、無視したりするのも当然なのである。では、国際人として外国人と対等に会話ができるほどの語学力を身につけるにはどうしたらよいのか。これはなかなか難しい問題である。

 

本来人間は意志が弱くナマケモノなのである。元旦にたてた目標が一週間も経たないうちに忘れられてしまうことを考えても、人間の意志等あまりあてにできない。そもそも、「外国に行きさえすれば自然と言葉を覚え、国際人になれる」という考え方自体がナマケモノなのである。語学力とは自然と身につくようなものではない。積極的に取り組む姿勢があってこそ初めて身につくものなのである。

 

このようなお話の背景には実際の私の留学経験があります

留学を決意するまで~仕事をしながら日本での英語学習~

いささか余談になるかもしれないが、私が留学するまでのことをお話しよう。私は留学する以前、ある橋梁の設計会社で働いていた。毎日遅くまで図面やコンピュータに向かいながら、はたまた口やかましいがなんとなく憎めない上司に手を焼きながら、キャリアアップの機会を窺っていた。大学では土木工学を専攻しそれなりの努力をしていたので、エンジニアリングには自信があった。それに英語力をつければもう一段上をいくレベルに達するのではないかと思っていたのだ。

 

仕事が終った後、川崎の安アパートで毎晩一時間程度リンガフォンで英語の勉強をしていた。壁が薄かったので隣の人には迷惑をかけたと思う。今になってはすまなかったと思うが、その時は若くてあまり周りの人に気を遣わなかった。とにかく毎日続けた。今のままの自分、今のままの語学力では満足できなかったのだ。

 

テープ学習が終了し、なんとか外国人とカタコトで話せるようになった後、英文レポートの通信添削の講座に入会した。それも終了した。このように自分がやれるべき課題を見つけては英語学習に取り組んできた。だが、それでも、私の英語力ではまだまだ通用しないことがよく分かった。テープ学習や英文レポートの通信添削だけでは私の求めるレベルには達しなかったのだ。まだ、物足りない。更にステップアップしたい。そう思うようになったある時、いっそ留学してはどうだろうという考えが脳裏をよぎったのである。

とにかく、語学力をつけたい、自分を高めたいとの一心で留学することを決意した。まさに私の人生の一大転機であった。

 

留学目的と留学する国の決定まで~怠け者のための留学成功術第二章②~

留学成功と失敗~怠け者のための留学成功術第二章③~

留学のリスク<留学に成功する人と失敗する人>第一章

 

【留学して得した人 留学して損した人】留学体験冊子は無料プレゼント中です!

留学小冊子お申し込みはこちら!

アンジェラス留学の留学相談は神田日本橋オフィスにて無料です!

カウンセリング予約はこちらから!

 

詳細はアンジェラス留学までお気軽にお問合せください。

03-5542-1945

info@angelus.co.jp

http://www.angelus.co.jp/


  • 0

留学のリスク<留学に成功する人と失敗する人>

海外留学のリスク

留学して得した人損した人 <第一章>

留学はハイリスクアンノウンリターン

現在、成功の鍵を求めて留学を志す人は少なくない。ただし、成功する人がいる反面、失敗する人も多々いる。正直言って、失敗するのならば、留学をする必要はない。本当に「あなたは留学する必要があるか。」よく考えてみて欲しい。留学というのは、ハイリスクハイリターンでなく、実際はハイリスクアンノウンリターンなのである。リターンについてはたくさんの本やパンフレット及び人からの話があって手軽に手に入る。しかしながら、大事なリスクについては忘れられている。ここでちょっと手を休めてリスクについて考えてみて欲しい。

 

リスクには大別して三種類がある。

すなわち留学前のリスクと留学中のリスクと留学後のリスクである。留学中の一般的なリスクを可能性の高いものから順にあげると次のようになる。

 

(一)酒、博打、異性に溺れる(含む同性)

(二) 勉強に励まず、散財すること

(三)置き引き

(四) 車上あらし

(五)レイプ(含む男性)

(六)麻薬

(七)自転車泥棒

(八) 交通事故

(九)通り魔的なリンチ

(十) かっぱらい

 

天から降ってくるトラブルに関しては、ある程度の予防策を取るのは可能である。また、留学前のリスクについては三章で詳しく述べようと思う。

留学後のリスクがあるというと、あなたは奇異に感じられるかもしれない。ところが、この留学後のリスクというものはあなたの一生を左右するような重大な問題なのである。

 

留学のリスク

社会人留学のリスク

例えばあなたが現在会社員だったとしよう。留学するためには会社を辞めねばなるまい。留学のために退職してしまったとしたら、多分同じ会社には戻れない。それだけでなく別の会社への再就職も困難となる。例え、新しい仕事が見つかったとしても以前の環境より良くなる保証はない。

大学生留学のリスク

もしあなたが大学生で、大学院留学を目指し、海外へ渡ったとしよう。無事に卒業できなければ、帰国後は間違い無く不利な状況下に追い込まれる。高校生で大学留学を失敗すれば学歴は「高卒」である。あなたが中学生で高校留学に失敗すれば「中卒」の学歴に甘んじるか、改めて年下の人達と一緒に日本の高校で勉強するか、大検か通信制高校に進むしか方法はなくなる。

 

ところで大検というのは、とてもリスクがあるということを知っているだろうか。会社の人事部に勤める友人の話によると、「例え一流大学を卒業していても、大検で入学した人は基本的には採用は難しい。」とのことだ。つまり、普通の高校生活を送れなかった「何かの理由」を企業は嫌っているようである。

 

留学はアンノウンリターンである事実

留学するだけでは何も勝ち取ることはできない。現状より良くなることはない。失敗すれば、あまりにも大きな代償を払わなくてはならなくなる。留学することは、まさに「ハイリスク」なのである。そして誰もが簡単に留学できる現在、見返りは分からない。これが「アンノウンリターン」なのである。

 

 留学ブームのリスクまとめ

最近の留学ブームは過熱しすぎて、最も大事な点、つまり何のために留学するのかというポイントが忘れ去られてしまっている。「人生の一時期を海外で暮らしたい。」という理由だけで、大切なお金と時間をドブに捨ててもよいのだろうか。本当は留学後にキャリアアップして、国際人として自由に世界を飛び回りたいのではないだろうか。そう考えているのならば、あなたの留学プランを見直してみよう。様々なリスクについて考えてみよう。決定前の企画書には、いくら見直しても必ず見落としがある。あなたの人生計画を完璧にするために、一つ一つ真摯に検討し直してみてはいかがだろうか。

 

【留学で得した人損した人】の小冊子続きはこちらをチェック。

留学すれば英語がしゃべれるようになる?第二章①

留学目的と留学する国の決定まで第二章②

留学成功と失敗。ナマケモノのための留学成功術まとめ第二章③

 

【留学して得した人 留学して損した人】留学体験冊子は無料プレゼント中です!

留学小冊子お申し込みはこちら!

アンジェラス留学のカウンセリングは無料で日本橋神田にて随時実施中です!

カウンセリング予約はこちらから

 

詳細はアンジェラス留学までお気軽にお問合せください。

03-5542-1945

info@angelus.co.jp